日記ログ:イース -ナピシュテムの匣-

PS2イース6 (2005/3/10)

サイトの掲示板にも書きましたが、買いました〜。もちろん限定版の方。
ゲーム内容ですが、現在のところ(最初のボス撃破まで)、ハッキリ言ってPC版まんまです。
ちょっと操作しやすいかな?くらいな感じ。マップなんかはまだカクカクして見える部分も多くて、もっと手を入れて欲しかったですね。
頭身の上がったキャラクターには別に違和感は感じませんでした。また、アドルの装備によってグラフィックが変化します。これってサターン版(ファルコムクラシックス1と2)以来ですね。

特筆すべきは、やっぱり3Dムービーのシーン。
以前から公開されていたプロローグデモももちろんですが、NewGame開始直後のシーンは破壊力抜群!!(掲示板での発言と繰り返しになりますが、ほめてはいません。)
オルハの声にげんなり。この方の声は初めて聴くのですが・・・とき○きメモリアルでもこんなのだったのでしょうか?
これでは、オルハとイーシャ(の声)は逆の方がまだマシな気がします。

言ったらいけないことかも知れませんが・・・・ファミ通のレビューでかなり低い評価だったのも頷ける・・・(汗
これだけ待たせてコレかいな、コナミさん・・・(T_T)

PS2イース6(2) (2005/3/12)

ムービーショック(笑)から立ち直って遊んでると、かなりよく出来てますね。

良くないポイントは、基本的に元々の欠点なんで・・・アクションゲームとしては良質で、やっぱり面白いな〜と。
(逆に言うと、ムービー作る前に直すところがあったんじゃないのか?みたいな気がします)
あ、でも画面の文字とか数字とか激しく見づらいです。太めのゴシックっぽいのにアレンジして欲しかったな〜

今日は2体目のボス・ゾンプラスを撃破するまで進めました。
で、途中でオリジナルステージにも挑戦したんですが、これに30分以上かかってしまいました(^^;
いやー、ジャンプのタイミングが難しくて・・・と言っても足場が動いていたりする訳ではないです。
単にヘタなだけw
で、最終的に方向キーでなくアナログスティックで操作したら一発でクリアできました。 なんなんだ。

PS2イース6(3) (2005/3/13)

今日は3番目のボス、ウド=メイユを撃破。
こいつがいるステージ「忘却の遺跡」、久々にやってみたら難しい・・・・(^^;
いやもう、ジャンプしたら足場に届かないとか、飛び越えちゃった、とか、ジャンプしたかったのに普通に落下していったとか(たまにボタンが反応しないことが・・・コントローラー壊れてるのかも)・・・・
昨日のアルマの試練もそうでしたが、結構時間がかかってしまいました。

PS2イース6(4) (2005/3/15)

連休を利用して一気にクリアするぜ!!
・・・できるといいな。

とりあえず、ラーナルーナ(エリザベスたん)撃破。
ロムン艦隊ですが、噂通りBGMが鳴りません。セーブポイントでセーブしてすぐロードすると鳴り始めるので、単なるミスなのでしょうけど・・・テストプレイで気づかないわけがないと思うんですが・・・。

ほとんどPC版同様のPS2版ですが、アドルのグラフィック以外で違う点をまた見つけたので書いておきます。

○ムービーが違う(ような気がする)

大渦が消えるシーンのムービーは演出などPC版同様ですが、映像自体は新しく作ったのでしょうか・・・
多少異なっている気がします。後で確認してみよう・・・。

○トレス=マリス号のBGMが違う

PC版はタイトル画面の曲ですが、PS2版では街の曲が流れています。
というか、曲名から考えると「海賊船の曲をタイトル画面にも使った」んでしょうね。
でも、街の曲でも違和感は無かったなあ・・・。

全然関係ないんですが、このゲーム本気で音声OFFにして遊びたかったんですよ。(特にオルハの)声がウザすぎ。
でもせっかくだから最初位は声つきで・・・と思って我慢しながら遊んでいるんですが、アガレス提督登場で考えを改めました。この人にはもったいないほどイイ声だ!!(笑)

PS2イース6(5) (2005/3/16)

今日は最終的に、廃都キシュガルまで到達。
でも、各所に出現する中ボスを倒す&ピッカード回収のために引き返しましたとさ。
で、とりあえずグラナヴァリスの頂上でピッカードを回収、そのまま緑水洞へ行ってクラゲを倒し、陽の入り江へ抜けてピッカードを回収しようとしたら、

「ピッカードは一度に一匹しか持ち歩けない。」

orz PC版の時は気づかなかった・・・・
セーブしてやめました。

脱線。

イースの後は、Emulator XでProSamplesのトランスからドラムキットを作ってました。
とりあえず完成。6オクターブにわたって、6種類のキットを展開。1オクターブ1キット、これはProteus2000やProteanDrumsの一部の配列をまねてみました。
で、最高音域にはSEをずらーーっと並べています。SEはまだまだあるから、SEだけのプリセットも別に作っておいた方がいいかなぁ・・。

あとは音量バランスとか、サンプルによっては切り刻んだ時に調整が足りないのもあるし、定位を決めてみたりといろいろやることがあったりして。・・・・完成なのか?(汗

PS2イース6(6) 終わって、感想。 (2005/3/16)

(6)書き直し。なんか(5)も二つあったし・・・(^^; 我ながら荒れてるなあ。

えっと、さっきクリアしました。声がウザイと言って一度エンディングの途中で電源をブチ切ったのですが、さすがにもったいないと思い(じゃあ最初からブチ切れるなよ、というツッコミはごもっとも。だが却下!)、我慢して最後まで見ましたよ・・・・。

このPS2版イース6を総括すると、「方向性の不明瞭なアレンジで失敗した」って事になるでしょうか。少なくとも僕の言葉で言い表すとそんな感じです。
BGMが鳴らなくなってしまう箇所が2,3ある以外、ゲーム性や移植度の面で文句を付けるところはほぼ、ありません。
あったとしても、多くは「イース6」が元々持っている問題で、あえて言うなら突っ込んだ改良がなされなかった事が残念、という程度です。

が、PS2版独自のアレンジされた要素・・・これがいけません。クオリティは申し分ないと思うのですが、例えばムービーでのリアルなキャラクターたち。
僕は、これはこれでいいと思うんですけど(キャラによってはもうちょっと頑張って欲しいと思ったのもいました・・例えばドギ、口の開き方がおかしい)、しかしこういうムービーを最初に持ってきて強烈に印象づけている割に、ゲームに出てくる絵はオリジナル版のままです。
ハッキリ言って、同じ作品世界の住人とは思えないほど違います。普段ゲームをしない人たちから見たら、やっぱり同じ作品とは思わないでしょう。
確かにファルコムのゲームでは「パッケージ」「取説イラスト」「ゲーム中の絵」全て違う方が描いていたりすることは珍しくないのですが、今回はやりすぎです。コナミの方たちは、何をしたくて凝ったモデリングのキャラクターを用意し、複雑なムービーに組み上げ、声優さんまで使って仕上げていたのでしょうか・・・。

僕はリアル系でも全然いやじゃないので、是非ゲーム中の絵もムービーの路線で固めてみて欲しかったです。
イースの世界は過剰にアニメチックであるよりも、高級感を持たせた大人びた地味さが似合うと思いますし(だからPS2版イース3でのタイトーのヘタレ対応には本気で怒っている)、最近のコンシューマゲームでは、アニメ絵のゲームはさほど多くありません。さらに言うなら、一般のお客さんが興味を持って見るのはやっぱりちょっとリアル目のキャラクターです。
そこまでする度胸がないのなら、素直にオリジナル版のキャラデザを踏襲したアニメでも作っておいて欲しかったですね。

・・・あ、でも女性キャラはやっぱりカワイイ方がいいですよねw
オルハとイーシャにはムービーでの出番もありますが、もうちょっとかわいくして欲しかったなあ・・・どなたかも言っていたけど、イーシャがヨ○ダ先生にちょっと似てるのは問題かと。
全体的に、モデリングや動きには全然文句は無いんですけど。

で、次に「アルマの試練」。イース6の欠点であるボリュームのなさをある程度カバーしてくれましたが、この試練自体ももうちょっと凝っても良かったような気がします。景品もつまらないし、マップ自体も単調だったように思います。
また、それぞれの試練にボス戦があるのに、本編の雑魚と中ボスの使い回しというのも残念です。ここはやっぱり、PS2版オリジナルボスくらいは用意して欲しかったところでした。

試練のBGMは全て新曲でオーケストラものですが、どれもいい曲です。ただパンチのあるメロディやドラマティックな展開を感じる曲では無かったかも知れません。
この試練の案内役である新キャラのクレヴィアはいい味を出していましたね。だんだん変化していく態度や、最後のちょっと切ない場面も良かったです(エンディングに出して欲しかったな)。

BGMの話ついでに、新曲以外は全てPC版まんまのようです。これも残念。せめてアレンジして欲しかったですね。
また、スタッフロールの曲なんかはさくっと差し替えても良かったのではないでしょうか。好きな人には申し訳ないのですが、あの曲だけやけに安っぽくて好きになれません。

声優さんについては論外。
僕はあまり知識も無いですけど、オルハの声は本当にどうにかならなかったんでしょうか?
一応有名な方らしいですが、素人目にみても演技がなっていないと思うのですが。同じ方が精霊の一体を演じていますが、そっちはイイ感じなのも疑問です。オルハはヒロインじゃなかったっけ・・・それなのにあんなに半端な演技でいいんですか?
多少、棒読みな方が多い点も気になります。テラはもちろん、ウルもそうでした。
また、ドギの声優さんはちょっと合ってないというか、ドギの粗野な印象ばかり前面に出している気がします。
タイトーから出るイース3もフルボイスと言うことですが、ドギはどんな感じなんでしょうかねえ・・・。

なんだかんだ言っても「イース」、やっぱり言いたいことが山ほど出てきてしまいます(^^;
今回のPS2版は、残念な点もあるのですが、アクションはとても丁寧に移植され、ボス戦の楽しさ等は完全再現されていると言ってよいと思います。
BGMが鳴らない箇所があるのは残念ですが、もしコナミがまたイースを手がけることがあれば、是非プレイしたいです。

inserted by FC2 system